独学

プログラミング学習と一緒に辞めたこと・始めたこと

プログラミング学習を始めて、約3ヶ月でポートフォリオを作り、コーダーとして転職しました。

30歳未経験で、子育てをしつつ、学習時間を作るのは大変でしたが、自分の人生を変えるために必死でした。

 

めちゃくちゃプライベートな話ですが、

この間高校の同級生と飲み会がありまして、久しぶりに近状報告をしたわけですが。

僕の生活が、友人達の生活習慣と全く違い、全然話が合わないw

世間一般の30歳男性はこんな感じなんだなーと新鮮でしたが、同時に僕の生活習慣が異常だと言われてちょっと嬉しかったり。

 

というわけで今回は、

プログラミング学習を始めてから「辞めたこと」、「始めたこと」を紹介していきたいと思います。

 

人生を変えるために必要だと思うことは積極的にやろうと決め、行動してきました。

おおよそ共通するポイントとしては以下の通り。

  • 地頭力をつけ、学習効率を上げる
  • 集中力を維持する
  • 学習時間を作り出す
  • 心身ともに健康でいる

 

プログラミング学習と一緒に辞めたこと

原則、これらのことは「やらない」と決めることで、時間を作りだし、余った全ての時間を学習時間に投下しました。

 

①:テレビをみる(YouTube見る)

テレビやYouTubeは、「かなり依存性がある」ので見ないように決めました。

 

テレビが垂れ流している情報をだらだら見ているのは無駄だと判断しました。(妻はTV好きなので、TVを捨てるのは反対されました)

重要なニュースは勝手に入ってくるし、自分に必要な情報は自分で取りに行けばいい。

 

ただし、YouTubeは集中力を上げるために自然の動画を見たり、プログラミングや人生の勉強になるチャンネルに関しては見てもいいことにしています。

 

ちなみに、全て倍速で見ますw

今では全ての動画を倍速で見ているので、普通に話している会話はめちゃくちゃ遅く感じてしまいます・・・。

 

②:ゲームをする

ゲームも中毒性があるので全てアンインストールしました。

 

スマホゲームをやる弊害は、スマホを触る時間が増えてしまうこと。

スマホを一度持ってしまうと、何気なくSNSを見たり、YouTubeをだらだらみたり、気づけば時間を失っていきます。

 

テレビゲームも持ってましたが、全て売却して断捨離。

 

ただし、switchのゼルダの伝説だけは残しましたw

理由は、短時間のゲームをすることで記憶力や集中力がむしろ上がるからです。

 

それも、ゼルダの伝説のような3Dゲームが良いらしく、一日30分くらいを目安にすると短期記憶能力が向上するという研究結果が出ています。

 

③:意味もなくスマホを触る(SNS)

便利ではありますが、一番集中力を奪い、僕たちの時間を奪っていくのがスマホでありSNSだと思っています。

 

ちょっと手持ち無沙汰になれば、SNSを開いて、だらだらと見てませんか?

 

実はそれってかなり危険だと思っていて、割とSNS中毒と言って遜色ないと思います。

 

とはいえ、SNSを触らないのは難しい。。

そうなると、自分なりの運用ルールを作るというのが一番大事です。

 

僕の運用ルールはこんな感じです。

  • 通知は全てオフ
  • SNS、メールを見る時間をGoogleカレンダーに入れる

 

見る時間を制限するだけでもかなり効果的なので、試してみても良いかもしれません。

僕はスマホを極力触らないようにしていて、玄関の近くに固定電話化してます。

 

プログラミング学習と一緒に始めたこと

プログラミング学習を始める時に、「自分の習慣を作ろう」と決めていました。

理由は、3つあって。

  1. プログラミング学習をして挫折した経験があるので、また同じことを繰り返さないように、意志力をつけるため。
  2. 学習効率を上げるため。
  3. 人生を変えるためには自分を変える必要があると思ったから。

 

人はどうしても楽な方に流れていってしまうものでして、

パフォーマンスを保ちつつ、何かを継続するには自己コントロール力が必要だと思っています。

自己コントロール力をつけるには、習慣作りが一番と思い、貴重な時間を使って新しい習慣をはじめていきました。

 

①:読書

本は好きでしたが、ビジネス書や自己啓発本などはほとんど読んだことがありませんでした。

 

本を読むことで知識の定着になり、自分の人生に活かすことができる

 

これがどれだけ自分にとってプラスになるのか、わかってなかったんですね。

自分が知らないのに、めちゃくちゃ便利な知識があったり、逆に自分が正しいと思っていることが間違っていたり。

知らないことは明らかな損だし、人生にとってマイナスだと感じて、できる限り毎日読んでいます。

 

②:ウォーキング

運動習慣をつけようと思ってウォーキングを始めました。

走るのが嫌だったのでウォーキングにしましたが、むしろウォーキングの方が短期記憶能力が上がったり、ストレスが軽減されたりと嬉しい効果がたくさんあるみたいです。

 

朝、太陽の光を浴びながら公園を散歩するのが日課になり、雨の日は部屋の中でステッパーを踏んでます。

 

【結論】疲れたらマッサージ←公園に行く方が疲労回復効果大ですたくさんのエンジニアの方々とTwitterでつながり、毎日学ばせてもらっています。 技術的なことや自由な生き方で学ばせていただくことはたくさんあり、みなさんすごいなーと思うばかり。 ただ、毎日パソコンの前で作業していて疲れないのかな?と感じるようになりました。 「ちょっと作業しすぎて体が重いな・・」そう感じたことはありませんか? 結論から言うと、マッサージよりも公園に行った方が疲労回復効果が高いです。...

 

 

ランニングは寝る前に行うと睡眠の質が上がるみたいです

 

③:筋トレ

「筋トレは最高のソリューションである」という本を読んで、筋トレを始めました。

ムキムキマッチョになりたいわけではありませんが、トレーニングをして、代謝の向上と、免疫力が上がればいいなーと思ってます。

 

2、3日に1回くらいHIITで筋トレをしてますが、

筋肉が付いてきたのか、腹筋も割れはじめ、腕周りも少し太くなった気がします。

 

④:マインドフルネス瞑想

マインドフルネスに関することは、以前にも記事にしています。

【人生を変える】不安やストレスを排除するマインドフルネス瞑想法【体験談】 漠然と不安がある 仕事のストレスで辛い ハッキリ言って、この状態はかなりやばいですよ。 僕も経験しまし...
マインドフルネス瞑想で記憶力を向上効果?2週間継続してみた!「マインドフルネス瞑想」していますか? 瞑想って聞くとなんだか「宗教っぽい」というイメージをもたれるかもしれません。それも、昔から仏教の...

 

慈悲の瞑想をやりつつ、呼吸瞑想やボディスキャン瞑想を組み合わせながら習慣化していきました。

最近では、座って瞑想をすることはほとんどなくなりました。

 

通勤途中の公園で、ノイズキャンセリングイヤホンをしつつ、歩行瞑想をするのが日課になっており、毎日20分くらいはマインドフルネス瞑想を実施できています。

 

正直どこでもできるので、集中力を鍛えるにはめちゃくちゃいい方法だと思います。

限られた時間を有効に使って人生を変えよう

時間は有限ですし、既婚者かどうかでも生活習慣は大きく変わってきます。

僕は30歳から未経験でプログラミングの学習をはじめました。すでに結婚していて、妻とまだ小さい娘がいます。

 

子育てや家事もやりつつ学習時間を担保するのはかなり大変なこと。

 

プログラミングの成功者が毎日8時間勉強していたからといって、同じように時間で勝負したって到底敵いません。

毎日少しでもいいので、その時間だけは超集中して取り組む。

これを実践するためには、悪い習慣をやめて、いい習慣を作っていきました。

 

技術書やプログラミング学習のノウハウも大事ですが、

 

そもそも新しいスキルを身につけるために必要なのは、新しい知識を受け入れる土台を形成することだと思います。

 

ポイント

  1. 意志力を鍛えて、目標に向けて自分をコントロールする
  2. 時間を奪う習慣を見直し、今やるべきことに集中する
  3. ワーキングメモリ(短期記憶能力)を鍛えて、地頭力をつける
  4. 読書をして、いろんな視点で物事を見れるようにする

 

新しいスキルを身につけるための地頭力をつけ、記憶に定着しやすくすることで、何時間もの学習時間を投下しなくてもよくなります。

社会人、既婚者で子供がいるという方でも、集中力を持って学習に取り組めば、成果は出ると思っていますので、是非自分を分析しつつ、集中できる時間を作り出していってください。