独学

【プログラミング独学】言語の習得難易度は関係ない【合うか合わないか】

悩む人
悩む人

プログラミングを独学で覚えるには何の言語から取り組むべきですか?

このような質問に答えたいと思います。

この記事を書いている僕は、

完全未経験からプログラミングを独学し、現在はWeb制作会社でコーダー兼プログラマーとして働いています。

 

プログラミング言語とはいえ、メジャーなものからマイナーな物までたくさんあります。

僕も、初めの言語選びは苦労しました。

結論から言うと、言語の習得難易度は関係ないと思っています。

 

その理由について解説していきましょう。

 

  • 難易度が低い=自分に合っているわけではない
  • 幅広く触れてみて、得意な言語を見つける

すみません、
この言語がおすすめ!とか、そんな話はしません。今回は考え方のお話です。

言語の習得難易度が低い=自分に合っているわけではない

「プログラミング初心者におすすめ!習得難易度が低いプログラミング言語」みたいな記事を見かけるのですが、人によって合う合わないがあるな〜と感じてます。

Web系だと、以下のような言語の学習がお勧めされていますね。

  • HTML CSS
  • JavaScrip
  • PHP

HTML CSS、JavaScriptに関しては、Web系エンジニアが習得しておくべき基礎言語みたいなものなので、Web系なら必ず抑えておくべきです。

見た目を構築するフロントエンドエンジニアに進むのか、サーバー側を構築するサーバーサイドエンジニアに進むのか。

これは結局「やりながら見極める」のが正解だと思っています。

 

言語の学び初めから「PHPだけでやっていくんだ」「Rubyを学んでサーバーサイドエンジニアになるんだ!」という意気込みは大事です。

とはいえ、世の中には様々な言語があって、その中の一つに時間を投下するのはどうかな〜と思うわけです。

 

なのでおすすめは、「手を動かして自分にぴったりくる言語を探す」のがいいかなーと思うんですね。

幅広く触れてみて、得意な言語を見つける

結論は、「ジャンルを絞りつつたくさんの言語に触れよう」です。結局は「言語(言葉)」を扱うので、言語の違いは方言みたいなもの。

 

東京の人が津軽に行ったら方言がすごくて理解できなかったりしますよね。
そんな感じです。

一つの言語をある程度理解したら、他の言語はきつーい方言のようなもの。

ある程度学習したら、他の言語の学習にも時間を使い、「好きだな〜」と思う言語があれば、本気で学習するのいいかもしれません。

 

学び続けるしか道はない

結局は「楽な方法」なんてないんですね。

 

「この言語がおすすめ」「稼げる!」

 

みたいな情報が溢れていますが、それがプログラミングをこれから学ぼうって人全員にあてはまるのかな?

 

なので、まずは手を動かして学んでみる。

ある程度理解したら次の言語を学ぶ。でOKかなと思います。

 

意外と、違う言語を学ぶとスイスイ理解できちゃったりするので、人間の頭って不思議ですね。

今回は以上です。

まずは手を動かして学びましょう。