雑学、読み物

【時間術】SNSの誘惑に負けず、やるべきことに集中できる3つの方法

 

あなたは、1日にSNSをどれくらい見てますか?

 

すぐ答えられる人は、自分が何にどれくらいの時間を使っているかをコントロールできているかと思います。

ですが、ほとんどの人が「SNSを無意識に開き、何気なく巡回しているうち、多くの時間を費やしている」状態だと感じています。

 

当たり前ですが、人生の時間は限りあるものです。

1日は24時間あると考えると、多くの時間があると錯覚しがちですが、「1日は1440分です」と言われたらどうでしょうか?

 

  • 勉強してテストでいい点数を取りたい
  • 新しいスキルを身に付けて稼ぎたい

このような目標を持っていたとしても、

 

無駄に時間を浪費してしまったり、SNSが気になってしまって「今本当にやるべきこと」に集中できなければ、最大のパフォーマンスは発揮できません。

 

SNSの誘惑に負けず、やるべきことに集中する方法を3つご紹介します。

自分の時間の使い方を見直しつつ、興味があれば試してみてください。

 

【そもそも論】なぜ人はSNSにハマるのか

結論から言えば、「SNSの仕組みがドーパミンを出させることによる依存状態」です。


こちらの動画をみていただければわかりますが、自分の意志でSNSを見ているつもりでも、実はドーパミンによって動かされていただけだったかもしれません。

 

  • SNSは「いかに時間と注意をSNSに向けさせるか」を考えて作られた
  • 通知を見るとドーパミンが出る(コカイン使用時と同量)
  • ドーパミンは中毒性があり、永久的に集中力を低下させる

 

えっと、、怖すぎませんか?

 

SNSを使うことでドーパミンが簡単に出てしまうことが問題であって、それによって「もっと欲しい」と中毒状態になります。

とはいえ、今の世の中SNSを全く使用しないのはおそらく無理でしょう。

 

SNSとうまく付き合いながら、やるべきことに集中する方法を身につけるのが得策ですね。

 

SNSの誘惑に負けず、やるべきことに集中する3つの方法

 

ついついSNSを触ってしまうのは、「触りやすい場所にあるから」です。

 

例えば、あなたがダイエット中だとしましょう。

リビングの机の上に、美味しそうなお菓子が置いてあったら、食べたくなりますよね?

 

クローゼットの引き出しの一番奥に隠したり、取り出すための手間(障害物)を増やしてあげると効果的です。

(まあお菓子を買わないのが一番なのですが)

 

これを、SNSにも使ってあげましょう。

 

1.ログアウトする(SNSを削除する)

いつも簡単にログインできる状態だと、スムーズにアクセスできてしまいます。

例えば、「1日の終わりにSNSをログアウトする。」と決めるなど、次に自分が開く時に時間がかかるようにしましょう。

 

パスワードも、入力し辛い暗号に変更すれば、ログインするのが非常にめんどくさくなります。

例えば、「eVURwAm9MkYeHRN」こんな感じのやつです。

 

 

当たり前ですがSNSの通知は全て切っておきましょう。

 

2.障害物をたくさん作る

上記でも紹介した、ログアウト、パスワード変更に加えて、障害物をたくさん作っていきましょう。

 

例えば、

ホーム画面の一番初めにはSNSは置かず、探さないと見つけられない場所に置く。

僕は一番右のホーム画面にSNSを配置し、できるだけたどり着かないようにしてますw

 

PCの場合は、Chrome拡張機能を入れると便利です。

UnDistractedという拡張機能を使えば、TwitterやYouTubeにアクセスしようとすると弾かれてしまい、そもそもアクセスができないようになります。

 

 

 

使い方は簡単で、Chrome拡張機能をONにして、制限したいSNSにチェックを入れるだけ。

嬉しいのはSNSごとに個別の制限が付けれることで、Twitterだとトレンド機能を非表示にしたり、自分に合わせて設定できます。

 

 

3.使っていい時間を決める

毎日のスケジュールに組み込むというやり方です。

ドーパミンにコントロールされ、ついつい触ってしまうSNSを、「自らの意志で操作する」に移行していきましょう。

 

これは一例ですが、

  • 朝の通勤中:5分
  • お昼休み:5分
  • 帰宅途中:5分

こんな感じで1日に使っていい時間をざっくり決めましょう。

その時間帯に、一気にタイムライン巡回し、情報収集やツイートをすればOKかと。

 

 

iPhoneならスクリーンタイムで制限する

スケジュールを立てても、ついつい30分、1時間と時間が経ってしまうのがSNSの怖さ。

1日に使っていい最大時間を予め決めておき、スマホ自体に制限をかけてしまいましょう。

僕の設定はこんな感じです。

時間を迎えると通知が来るので「ヤベー見過ぎた!」と気づくことができます。

 

一つ注意点としては、

通知が来たとしても、「今日1日は制限を解除する」という悪魔のささやきボタンがありますので、それを押してしまうと全く意味がありませんw

 

ポイントは、通知が来たら一旦画面を閉じる。

本当に今、SNSを見るべきなのか?自分の行動を見つめ直す時間を作ってください。

 

 

大事なのは自分で情報を取りに行くこと

必要な情報は自分から取りにいきましょう。

だらだらとタイムラインを巡回したり、YouTubeのおすすめ動画を見ていると、時間があっという間に過ぎていきます。

もちろんたまには息抜きも必要ですが、冒頭でもお伝えしたように、ハマりすぎると中毒状態になり、抜け出せなくなります。

 

色々紹介してきましたが、

一番いいのは、不要なSNSやアプリは全て削除し、一切の通知を切ることです。

ネットからもたらされる様々な情報から注意を持っていかれなくなり、今自分がやるべきことに集中できるはずです。

 

最後にもう一度言いますが、

人生の時間は限りあるものです。

 

1440分、二度と戻ってこない時間を、あなたはどう過ごしますか?

 

 

参考文献