フリーランス

プログラミング未経験からフリーランスを目指すなら就職すべき理由

悩む人
悩む人
未経験からプログラミングでフリーランスになりたいけど、一度就職するべきなのかな?いろいろ調べていると、未経験からフリーランスになっている人もいて、どれが正解かわからない。

 

こんな質問にお答えします。

先日、こんなツイートをみました。


実際に現役でフリーランスとして活躍されている方のツイートです。

 

僕の意見も、「未経験ならまずは転職するべき」でして、最近は「未経験からでも独学でフリーランスエンジニアになれる!」とチヤホヤされている感があります。

 

今回は、未経験からフリーランスエンジニアになるために就職するべきか?について僕の意見を書いていきます。

 

未経験からフリーランスエンジニアを目指すなら就職するべき

結論から言うと、「まずは成長できる企業に身を置き、爆速でスキルを伸ばすべき」と思っています。

理由としては、未経験から独立した人との圧倒的な技術の差を作れるからです。

 

未経験からフリーランスエンジニアになると、「個人事業主」になるわけで、全てが自分で行わないといけません。

 

  • 営業
  • 雑務
  • 勉強
  • 実務

時間をかけて営業して、案件をこなしつつ、スキマ時間で新しい技術をキャッチアップする。これらがこなせるのならいいかもですが、相当大変だと思います。

 

正社員として働きながら、安定してお金をもらいつつ、実務を通してスキルを身につける方が合理的です。

 

とはいえ、周りの社員と同じように過ごしていてはダメだと思っていて、本来の目的である「フリーランスエンジニアになる」ために必要なことを在籍中に行っておきましょう。

 

この間は、フリーランスエンジニアになるための地盤づくりと考えて行動しましょう。

 

正社員で働きつつ副業でビジネススキルを伸ばす

雑食系エンジニアのKENTAさんが下記のようなツイートをしていました。

つまり、「技術力だけでは企業に依存するだけ」で、個人で生きていくためには「ビジネススキル」が必要だと言うことです。

 

ビジネススキルと言われるとざっくりしてますが、要は自分の技術力や経験をお金に変える力です。

具体的には下記のスキルだと思っています。

  1. 営業力
  2. Webマーケティング

「自分を売る能力」、これがないとフリーランスエンジニアになった時に苦しむことになりそうです。

スキルを伸ばす方法としては、まずは副業として小さく始めるのがおすすめです。副業のうちから営業力を磨いていくことで、独立した時にも大きな力になるのは間違いありませんね。

 

あとは、個人ブログを運営したりしてWebマーケティングの知識をつけていくといいかもです。
Webで集客できる力はめちゃくちゃ大事で、コピーライティングやマーケティングの本は読んでおいた方が無難かもしれません。

 

飲み会や勉強会に参加し、人脈を広げる

企業に所属しているメリットの一つが「人脈が広がる」だと思ってます。

企業が主催する勉強会などがあれば、積極的に参加して人脈を広げておきましょう。飲み会でもOKですが、中には全くメリットの無い飲み会もあるので注意です。

独立した時に、その人脈から仕事がもらえるかもしれませんし、何か困った時に助けてもらえるかもしません。

 

人脈を広げつつ、スキルを伸ばしてフリーランスとして独立するための準備をコツコツ進める。
これが、未経験からフリーランスエンジニアになるための1番の方法だと思っています。

 

未経験からプログラミングスキルを伸ばすための企業選び

企業選びは超重要です。

いざ入社したはいいものの、「思ったのと違う」「全然スキルが身についた感じがしない」「自分で勉強した方が効率的」となってしまうと意味がありません。

 

いい企業選びのポイントは下記かと思います。

  1. モダンな開発環境
  2. コードレビューの文化がある

 

モダンな開発環境は言わずもがなですね。

最新の技術で開発を進められるのは技術力の向上にもってこい。個人では触れられない業務のあるかも。

逆にいえば、Web制作会社で未だに「Sass使えません」とか「Git使ってません」みたいな企業は危険信号といえますね。

 

中でもコードレビューの文化は非常に重要だと思っていて、他人にチェックしてもらわないと自分のコードが正しいものなのかわかりませんし、自分の理解度も測れません。

すでに十分な知識がある人から教えてもらった方が確実に伸びます。(教え方次第ですが)

 

また、個人の業務量が多くて残業しまくりの企業は、おそらくコードレビューしている暇もないはずなので、レビュー文化がある企業は割と労働環境は整っているはず。

 

これは余談ですが、
「能力が高い人と一緒に仕事をすると、自分も能力が高くなる」という研究があります。
一緒に働くのは結局人間なので、「どんな人と一緒に働きたいか?」も考えて企業選びをしてみましょう。

 

プログラミングで独立したいなら長期的に考えよう

目の前のお金や自由を手に入れたいのはわかりますが、何事も長期的に見て考えましょう。

すると、「まずはしっかりと技術を身につけた上で独立した方が、より大きなリターンが得られる」という結論に至るはずです。

 

というわけで話をまとめます。

未経験からプログラミングでフリーランスになるには下記の流れが妥当かなと考えています。

  1. 成長できそうな企業に入る(コードレビュー文化がある)
  2. 実務を通して技術力をつける
  3. 副業で営業力をつける
  4. Webマーケティングを学ぶ(ブログ)
  5. 人脈を広げる

 

僕はまだフリーランスになっていませんが、将来的にはいいなーと思っています。

ただ、
フリーランスは時間も場所も自由で理想の働き方ですが、逆にしっかりとした地盤がないと早々に崩れ去ってしまうはず。

フリーランスとして会社員よりも稼ぎつつ、成功し続けるためにはある程度の修行は必要かな〜と考えるわけです。

 

 

というわけで今回は以上です。

 

https://keibloglife.com/programming/study/school/